「魔法族」使いの里

ブラマジを心から愛するファンデッカーが、考察等々をやっています。 不定期更新ですが、皆さまからの声を反映させつつ、細々とやっていきたいと思っています。

当ブログ第一回目の記事ということで、今回は自分が普段使っているデッキの紹介を行いたいと思います。
とは言っても、自分は所謂ファンデッキ使いですので、強さとは程遠いデッキではありますが…
「おっ、こんな組み合わせがあるのか」「ちょっとおもしろいじゃん」くらいに思っていただけたら幸いです。

記事を書いていたら思ったより長くなったので、今回は前編としてデッキレシピ、メインデッキの解説を行いたいと思います。
後編ではエクストラデッキの解説、読者の皆様からの質問(あれば)を紹介したいと思います。

ではまず、デッキレシピから。

buramazisennnenn

【モンスターカード(21枚)】

《ブラック・マジシャン》×3
《ベビードラゴン》×3
《黒衣の大賢者》×1
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》×1
《疾走の暗黒騎士ガイア》×2
《E・HERO プリズマー》×3
《デブリ・ドラゴン》×2
《沼地の魔神王》×3
《時の魔術師》×3

【魔法カード(11枚)】

《融合徴兵》×3
《融合》×3
《千本ナイフ》×1
《龍の鏡》×3
《死者蘇生》×1

【罠カード(8枚)】

《聖なるバリア-ミラーフォース-》×2
《融合準備》×3
《永遠の魂》×3

【エクストラ(15枚)】

《F・G・D》×1
《始祖竜ワイアーム》×2
《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》×1
《呪符竜》×1
《超魔導剣士-ブラック・パラディン》×1
《天翔の竜騎士ガイア》×1
《千年竜》×3
《氷結界の龍 グングニール》×1
《月華竜 ブラック・ローズ》×1
《レッド・ワイバーン》×1
《真紅眼の鋼炎竜》×1
《幻想の黒魔導師》×1


〈解説〉

デッキタイトルからもわかる通り、コンセプトは武藤遊戯の切り札《ブラック・マジシャン》とその友人である城之内克也の使う《千年竜》を主体としたビートダウンです。
基本的な動きとしては、とにかく《千年竜》と《ブラック・マジシャン》から《幻想の黒魔導師》を作る、という感じなのですが、それだけの説明では足りないと思いますので、各カードを入れた理由を書いていきます。

まず、メインから。
もちろん、《ブラック・マジシャン》は三積みです。で、《千年竜》の融合素材である《ベビードラゴン》と《時の魔術師》も当然三枚。
ブラマジデッキではよく見かける《E・HERO プリズマー》も、本来の融合サポート役としても使用するため三枚です。
融合デッキなので、《融合》が無くては始まりません。ということで、これも三枚。その《融合》を手札に持ってくる《融合準備》や《沼地の魔神王》、それと 融合素材を持ってくる《融合徴兵》も三枚ずつ採用。
ドラゴン族融合モンスターが主力なので、《龍の鏡》も三枚入れています。でも、これで除外するタイミングを掴むのは意外と難しい…
さらに、一応はブラマジデッキという側面がありますので、ブラマジサポートの優等生《永遠の魂》も三枚突っ込む。

と、ここまでは普通の構成だとは思います。
問題は、ここから…

一際異彩を放つ《黒衣の大賢者》 は、

「《時の魔術師》のコイントスを当てた時、自分フィールド上の《ブラック・マジシャン》をリリースして手札またはデッキから特殊召喚する事ができる

かつ

「特殊召喚した時、自分のデッキから魔法カードを一枚サーチ」

という効果を持つ、最強(?)モンスターです。
個人的には、こういった「確かに強いけどさぁ…」みたいなカードが好きなので採用していますが、ぶっちゃけ抜いても良いとは思っています。手札に来ちゃうと完全に腐るカードなので…代わりに《融合回収》とか入れた方がマシかも。

開闢は、《E・HERO プリズマー》と《時の魔術師》が光、《ブラック・マジシャン》が闇なので、とりあえず入れています。ただ、これでブラマジを除外してしまうと、《永遠の魂》で引っ張れなくなるのが痛いところではあります。最後のダメ押しに出すくらいのプレイングを心がけると、上手く働いてくれます。

《疾走の暗黒騎士ガイア》は、妥協召喚できるレベル7なので採用。こいつと《ベビードラゴン》で《天翔の竜騎士ガイア》が出せるのも理由の一つです。

《デブリ・ドラゴン》に関しては、シンクロ要素を入れたかったことと、ドラゴン族の要素も加えたかったので採用しました。主に《沼地の魔神王》を引っ張って《氷結界の龍 グングニール》になるのが目的ではありますが、墓地に落ちてからも《龍の鏡》を使えば《呪符竜》や《F・G・D》、《天翔の竜騎士ガイア》の素材にもなれます。

メインの残りのカード、《千本ナイフ》と《ミラーフォース》は個人的な趣味です。遊戯のカードなので、ファンとしては入れざるを得なかったというか。
全体的に、勝ちを目指すよりも単純に楽しむためのデッキですし、。
…とはいえ、最近ADSでもほとんど勝ててはいないのですが。

と、いうわけで、尻切れトンボのようではありますが、ここらで前編を終えたいと思います。近日中には後編をUPしたいと思っております。

今回が初めての記事となりましたが、当ブログではブログの活性化のために皆様からのご要望・提案を受け付けております。また、このデッキについての意見等もございましたら、併せてコメントのほうによろしくお願いいたします。
至らぬ点も多いとは思いますが、これから頑張りますので、お付き合いいただけたらと思っています。

では! 


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット