「魔法族」使いの里

ブラマジを心から愛するファンデッカーが、考察等々をやっています。 不定期更新ですが、皆さまからの声を反映させつつ、細々とやっていきたいと思っています。

4月の新弾TDIL発売に向け、《ブラック・マジシャン》に注目が集まっている今日この頃です。

先日紹介させていただいた【レベル4軸ブラマジ】にもコメントをいただけたりして、ブラマジ人気の高まりを実感しています。
あれからの【レベル4軸ブラマジ】については、日々プレイングを磨きながら少しずつ改良も加えております。
基本的には強いカード群なのですが、使っているうちに弱点も浮き彫りになってきました。

と、いうわけで今回はタイトルの通り、実際に使って分かった新規ブラマジデッキの長所・短所について紹介していこうと思います。

まず、長所から。


長所その1:《黒の魔導陣》が強い!

 
《黒の魔導陣》の効果はこちらの記事で紹介しています。

(1)のデッキトップ操作も強いのですが、それ以上に《ブラック・マジシャン》の召喚時に相手フィールドのカードを除外できるのが強いですね。
ピンチでもこの一枚で戦況が変わる、そんな逆転の力を秘めたカードです。
【ブラック・マジシャン】デッキなら、これからは必須になるカードだと思います。


長所その2:《黒魔族復活の棺》が使いやすくなった!


以前までの【ブラック・マジシャン】デッキだと、《E・HERO プリズマー》など魔法使い族以外のモンスターを採用することが多く、そのせいで《黒魔族復活の棺》を入れていても腐ってしまうことが多くありました。
しかし、今回の新規サポートモンスターは全て闇・魔法使い族であるため、《黒魔族復活の棺》ならリリースにもリクルートにも対応しており、だいぶ使いやすくなった印象です。
また、デッキに《混沌の黒魔術師》を入れやすくなったことで、そのサポートとしての採用も考えられるようになりました。


長所その3:《混沌の黒魔術師》や《幻想の黒魔導師》が出しやすくなった!
 
強力なモンスターである《混沌の黒魔術師》や《幻想の黒魔導師》が出しやすくなったのも、利点の一つでしょう。
どちらも相手のカードを除外する効果を持っているので、《黒の魔導陣》と併せて、相手のフィールドをがら空きにできるのは強力です。 
また《混沌の黒魔術師》は墓地の魔法カードを手札に加える効果を持っており、魔法カードを多用する構築であればより強力さを増すのではないでしょうか。


以上が長所ですが、そもそも今まではファンデッキでしかなかったブラマジデッキが強化されたこと自体が一番の長所であり、それで十分なのかもしれませんね。
ただ、そうは言ってもやはり強さも求めていきたいところ。
更なる強さの為、現状、ブラマジデッキの弱点となりうる点も確認してみましょう。 


短所その1:《永遠の魂》を割られると一気にピンチになる… 
 
ブラマジデッキ最大の悩みです。
《永遠の魂》は強力な反面、永続罠であるため割られやすく、しかもそのデメリットが大きいです。
一応、対策としては《魔宮の賄賂》や《エフェクト・ヴェーラー》での効果無効がありますが、といってそれらのカードが欲しいときにあるとも限らず、安定性には欠けます。
究極の選択として《永遠の魂》を抜いた構築も考えられますが、それよりは速攻で勝負を決めるプレイングを目指した方が良いと思います。


短所その2:《虚空の黒魔導師》 が使いづらい…

ブラマジデッキということで《虚空の黒魔導師》を採用していますが、《幻想の黒魔導師》を差し置いてこちらを場に出す意味が見いだせない、というのが本音です。
効果自体は非常に面白いので、それを上手く生かすようなプレイングが出来ればいいのですが…


短所その3:《マジシャンズ・ローブ》のステータスが不安

《マジシャンズ・ローブ》は攻700守2000と、完全に壁モンスターとしてのデザインになっています。
なので、通常召喚をするのは得策ではありません。
しかし裏守備では効果が使えないため、効果を優先するか、壁としての運用を第一に考えるか、プレイングにかかってくるところです。
このカードは重要度から言ったら低めなので、いっそのこと採用しない構築も十分に考えられると思います。


以上が、今のところ管理人が感じている短所になります。
とはいえ、改善策がないわけではないので、デッキ構築・プレイングで何とかなるには何とかなるかもしれません。
ブラマジデッキの体験会が公式で開かれるなど、注目のデッキではありますので、ぜひ皆さんも【ブラック・マジシャン】を組んでみてください! 

では!


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット