「魔法族」使いの里

ブラマジを心から愛するファンデッカーが、考察等々をやっています。 不定期更新ですが、皆さまからの声を反映させつつ、細々とやっていきたいと思っています。

今回は《霧の王》というカードの紹介を行いたいと思います。

mist_king

《霧の王》
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻   0/守   0
このカードを召喚する場合、生け贄1体
または生け贄なしで召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
いかなる場合による生け贄も行う事ができなくなる。

マイナーカード、と言うにはあまりに有名なカードではありますが、実際のデッキに採用されているのはあまり見ない気もします。
リリース封じの効果があるため、帝対策として高騰しましたが、正直《生贄封じの仮面》 の方が使い勝手がいいんですよね。

ただこのカード、 《ブラック・マジシャン》との相性が良いんです。
召喚しやすいレベル7魔法使い族というだけでも《幻想の黒魔導師》 や《虚空の黒魔導師》を出すサポートになりますし、《七星の宝刀》を共有することもできます。

融合をメインに据えたデッキなら《沼地の魔神王》と共に《サルベージ》に対応しているので、再利用も容易です。
《沼地の魔神王》と併せて《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》の素材になるのも良いですね。
また、シンクロデッキであれば《デブリ・ドラゴン》 の効果にも対応しているので、《星態龍》に繋ぐこともできます。

どこかに《沼地の魔神王》と《デブリ・ドラゴン》を両方採用したブラマジデッキがあったはずですが、はて。
(詳しくは、こちらをご覧ください)

一時期に比べれば値段も落ち着いたようなので、採用することを検討しているなら、再高騰する前に手に入れておいた方がよいかもしれませんね。
とはいえ、環境デッキに入るかと言われると…

シンクロ・融合・エクシーズと、デッキ構築次第では様々な召喚法に対応しているので、 非常に面白いカードだと思います。


当ブログでは、継続してマイナーカードの発掘・紹介を行っていきます。
「紹介してほしい!」というカードがありましたら、是非コメントをください!

では!



 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット