「魔法族」使いの里

ブラマジを心から愛するファンデッカーが、考察等々をやっています。 不定期更新ですが、皆さまからの声を反映させつつ、細々とやっていきたいと思っています。

先日、4月からのショップ大会等で商品となるアドバンスド・トーナメントパック2016 vol.2の内容が発表されました。
《ワンダー・ワンド》など、汎用性の高いカードも見られ、なかなか良い内容だったのですが、中に一枚謎のカードが…
それがこの《キーメイス》です↓

key_mase

《キーメイス》
通常モンスター
星1/光属性/天使族/攻 400/守 300
とても小さな天使。
かわいらしさに負け、誰でも心を開いてしまう。

レベル1の通常モンスターで、特にサポートもないため《もけもけ》に比べるとかなり使いにくいカードになると思います。
一応、《デブリ・ドラゴン》等に対応していたり、【サクリファイス】デッキでは《高等儀式術》で墓地に落とせますが
、それがどうしたという話です。
かなり《キーメイス》に特化したデッキを用いて、それでようやくネタデッキとしての地位を確立できるかどうか、というのが現状ですね。

と、ここまで書くとこのカードが再録される意味は理解不能です。
ですがこのカードのアニメでの活躍を考えれば、今回の再録にも納得できるのです。

遊戯王5D`sの121話において、ある伝説のモンスターが召喚されました。
それがこの《眠れる巨人ズシン》です↓

zusin

《眠れる巨人ズシン》
効果モンスター
星10/地属性/戦士族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
レベル1の通常モンスターが自分のターンで数えて
10ターン以上(召喚ターンを含む)自分フィールド上に
表側表示で存在し続けている場合、
そのモンスターをリリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、戦闘を行う相手モンスターの
攻撃力+1000ポイントの数値になる。
このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にはならない。
このカードが戦闘を行う効果モンスターの効果は無効化される。
(効果テキストはアニメ版のものです)

テキストを見てもらえばわかる通り、かなり強い部類に入るモンスターですが、その召喚条件もまたかなり厳しいです。
アニメの中では召喚に成功しているのですが、その条件を満たすため場に残り続けたレベル1モンスターこそ、《キーメイス》だったのです。
アニメにおいて、この回はファンの間でも人気の高い話であり、それゆえ《キーメイス》と言ったら《眠れる巨人ズシン》という関係が出来ています。
とはいえ、この《眠れる巨人ズシン》は未だにOCG化されておらず、ファンはずっと待ち続けてきました。

そこに出てきた、《キーメイス》再録情報。
これは《眠れる巨人ズシン》OCG化のフラグなのでは?というのが噂として出てきています。
コレクターズパック閃光の決闘者編への収録という説もありますが、どうなるでしょうか。

個人的には、効果がそのままでOCG化されることを祈ってやみません…

では!


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット